メニュー

設備紹介

検査機器の紹介

細隙灯顕微鏡

equipment01

細隙灯顕微鏡での診察風景。
前眼部の検査が主体で、検査用三面鏡を用いてもっと詳細に隅角、中間透光体、眼底の検査をすることができます。

屈折検査

equipment02

視力検査前に、患者さんの目が近視か遠視か乱視かを把握し、また角膜の彎曲状態を把握するためにまずこの器械で検査します。

5メートル視力表

equipment03

視力は5メートル視力表を使い、裸眼視力、矯正視力を測ります。
これは自覚検査であり、特にめがね処方、コンタクトレンズ処方のときには大変重要な検査です。

ゴールドマン視野計

equipment04

ゴールドマン視野計といい、周辺視野を検査しています。
緑内障、眼底病変、頭蓋内病変の時には有用な検査です。
この検査により視野狭窄の程度や視野欠損の部位がわかります。

ハンフリー視野計

緑内障になると光に対する感度が落ち、進行すると視野が狭くなってきます。
光に対する感度が落ちるのを早くキャッチする視野計です。
この機器で緑内障初期の状態をみつけることができます。

眼軸長測定(Aモード)

通常の白内障手術のあと、眼内レンズ挿入します。
眼内レンズの度数は、皆同じではなく、個々によって違います。
眼内レンズの度数を決める上で眼軸の長さが必須条件であり、超音波(Aモード)で測定します。

断層撮影

equipment06

これは超音波による断層撮影(Bモード)検査です。
眼窩および眼球内病変の局在や形態診断に用います。
角膜混濁や過熟白内障で眼底透見が出来ない時によく使用し、おもに網膜剥離の有無を調べます。

OCT検査

目の中の状態を三次元的に観察できる機器で、主に緑内障、黄斑部疾患などの診断・治療効果に大変有能です。
最近は眼底写真だけでなくOCT検査もすると、より確実な診断ができます。

YAGレーザー

equipment07

白内障手術後、数ヶ月から数年後に眼内レンズの後ろの膜(後嚢)が濁ってくることがあります。
この器械(YAGレーザー)でその濁りを除去します。

マルチカラーレーザー

equipment08

眼科で一番多く使用するレーザー(マルチカラーレーザー)です。
糖尿病などの出血や網膜裂孔(眼底疾患)や緑内障の方の治療に使用することが多いです。

眼底カメラ

眼底疾患の病変を記録するために眼底カメラで撮影します。
経時的変化を見るときには有用です。
また、蛍光色素を静脈から注入し、血管の詳細な変化を捉えることができます。

スペキュラーマイクロスコープ

equipment10

角膜の内皮細胞の異常をみつける器機(スペキュラーマイクロスコープ)です。
特にコンタクトレンズの場合、使用方法を間違って装用していると内皮細胞が酸素不足に陥り、大きさが大小不同になります。
程度がひどくなると視力が出にくくなることがあります。

ワック

equipment11

この器機(ワック)は美しいカラーの立体風景を5分間見るだけで、遠方の景色を長時間見つめるのと同じ効果があると言われています。
眼の疲れをとったり、仮性近視の治療に使用します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME