メニュー

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

当院では、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を
推奨しております。

推奨理由①:院長が多焦点眼内レンズ手術を受けている

当院の院長(望月雄二)は多焦点眼内レンズの白内障手術を体験しております。
院長自身が白内障の症状から手術・術後のことまで、体験者としてご説明することが出来ます。
患者様が抱く様々な疑問について詳しくお答えしておりますので、ぜひご相談ください。

白内障手術時、3焦点レンズを入れた望月院長のコメント

推奨理由②:選定療養の対象となり、費用が軽減

2020年4月より厚生労働省が定める「選定療養」という枠組みで多焦点眼内レンズを用いた白内障手術がおこなえるようになりました。
「選定療養」は、追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。

今までの「先進医療」という制度では、多焦点眼内レンズの費用以外の部分である、白内障の手術自体も保険適応外となり、全額自費となっていました。
「選定療養」では白内障手術自体は通常の単焦点眼内レンズと変わらず保険適応となり、多焦点眼内レンズを選択することで増える費用についてのみ、自費で追加費用をお支払いいただくことで手術を受けられるようになりました。

推奨理由③:老眼になる前の近方の見え方へ

単焦点レンズは、ピントを合わせた距離のものが非常にクリアに見えますが、焦点距離以外はぼやけて見えるため、眼鏡をかける場合があります。
多焦点眼内レンズは、遠距離・中距離・近距離の3つの距離にピントが合うように調節されています。
ほとんどの焦点距離が見えやすくなるので、なるべく眼鏡を使いたくない方、運転・スポーツなどで複数の距離を同時に見る必要がある方に向いています。

単焦点レンズ
手元のスマートフォンと机の上のパソコンを見るためには眼鏡が必要です。
(遠くに焦点をあわせた場合)
2焦点レンズ
手元のスマートフォンと奥のテレビを見る分には眼鏡は使わずにすみます。
(近くと遠くに焦点をあわせた場合)
多焦点レンズ
手元のスマートフォンと奥のテレビ、さらにその間にあるパソコンも眼鏡を使わずに見ることができます。

さいごに

たくさんの方が多焦点眼内レンズ手術を受けられ、ほぼ裸眼で日常生活を過ごしておられます。
若い頃に戻るという訳ではございませんが、レンズの特徴を十分にご理解していただければ幸いです。
勿論、目の基礎疾患によっては全員が受けられる手術ではありません。
迷っていらっしゃる方は、遠慮なくご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME